ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " Ruby " に関する記事

Rubyはプログラミング言語の中では珍しい、日本人のまつもとゆきひろ氏が開発した国産プログラミング言語です。スクリプト型言語とオブジェクト指向型言語の特徴を持っています。Webアプリケーションフレームワークとして有名なRuby on RailsもRubyをベースに作られ、数多くのWebサイト、Webサービスで活用されている実績を持ちます。Rubyを使う転職先候補としてはWebアプリケーション、WebサービスをAWSとRuby on Railsの組み合わせで開発する現場が多くなっています。

未登録

スキルを活かすことが重要!習得したプログラム言語を上手く活かすには?

2018年7月30日

プログラム言語は、多く習得すればするほど、転職に有利になることは間違いありません。 そればかりか、エンジニアとしてのスキルの底上げにも繋がるということもあり、多くのエンジニアが、自分が習得すべきプログラム言語を模索しています。 習得した言語を生かすシーンは、エンジニアとして働いている間は、随所に表れてきます。 上手く生かす方法、そしてどんなシー...

未登録

Rubyを活用したい人へRubyが役に立つ求人は?

2018年7月29日

Rubyは、1993年にリリースされたプログラム言語で、Rubyを応用したフレームワークである「Ruby on Rails」の登場により、市場価値が再認識され始めました。 Ruby on Railsが急激に普及し始めたのは2005年になってからで、言語としての根本的な歴史は長いものの、エンジニアの間では、まだまだ歴史の新しいプログラミング言語というイメ...

未登録

Rubyのスキルを身につけている人へRubyの技術を活かした転職活動

2018年7月17日

Ruby言語(以下、Ruby)と言えば、数多くあるプログラミング言語の中でも、日本人のまつもとゆきひろ氏が開発したプログラミング言語として有名です。オブジェクト指向の仕組みを取り入れたスクリプト言語型のプログラミング言語です。 この記事ではエンジニアが転職する際に、Rubyのスキルを活かした転職活動をしやすくなるようなお役立ち情報をご紹介していきます。

未登録

気になるエンジニアの年収事情!フリーランスと会社員、どちらの年収が高いのか?

2018年7月12日

エンジニアという仕事は、専門性の高い技術職なので、やはり平均年収はすべての職種の平均を上回っています。 そして中には、会社員としての年収では飽き足らず、フリーランスのエンジニアに転職して、さらなる年収アップを目指す方も多いです。 しかし実際、会社員からフリーランスになってみないと、どれくらいの年収があるのか分かりませんよね。 会社員のエンジニア...

未登録

キャリアアップするにはどうしたら良い?キャリアアップしたい時にすべき事はこれだ

2018年6月29日

エンジニアは、現状の能力に満足しない向上心が、とても重要になる職業です。 キャリアアップとは、エンジニアのスキル・知識を向上させることだけではありません。 社会人としての成長、会社でのポジションの昇進など「キャリアアップ」という言葉の中にはさまざまな意味が含まれます。 自分が今在職している会社において、いろんな不安を感じることもあるでしょう。 ...

未登録

資格で年収アップを目指す!年収アップに繋がる資格はどんなものがあるの?

2018年6月29日

エンジニアとしてのキャリアアップを目指して、エンジニアとしての地位をあげるというのも大事なことですが、それに伴って年収をアップさせることも、大きな目標の1つです。 やはり、エンジニアの仕事を全うして、これだけ年収を手に入れることができれば、モチベーションにも繋がりますし、もっと年収の高いエンジニアになるにはどうしたらいいか、と考えるきっかけにもなります...

未登録

見た目も重要なポイント!面接の際にイメージが良い服装とは?

2018年6月29日

エンジニアの面接は、とにかく第一印象を大切にしましょう。 身なりがしっかりしているだけで、あなたの発言にも説得力が帯びてくるということは間違いありません。 基本的にはスーツで面接するのが基本ですが、エンジニア業界には、服装がラフな企業というのも中にはあります。 面接官に「しっかりしたエンジニア」という印象を少しでも持ってもらうために、万全の服装...

未登録

成功者のアドバイスも参考にしたい!転職が成功した人にアドバイスを聞く場所はあるの?

2018年6月29日

エンジニアの転職は、初めての方はどうしても不安なことや、分からないことが多いです。 自分で調べられることもありますが、自分1人の力だと、やはり限界があります。 そういうときは、「転職に成功したエンジニア」の意見を取り入れるのが、1番手っ取り早くて的確ですよね。 実は、転職を成功させたエンジニアにアドバイスをもらえるところは存在します。 そこで...