ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

JavaScriptを活用したい人へ

JavaScriptが役に立つ求人は?

JavaScriptが役に立つ求人は?

JavaScriptは、ユーザーが閲覧するウェブブラウザと、ウェブサービスを行う側との処理を円滑にするために存在する、プログラミング言語です。 ウェブアプリの構築、ウェブサイトの品質向上において、非常に需要が高まってきています。 JavaScriptは、媒体を問わず利便性の高いJavaとはまったく異なる言語です。 JavaScriptが役に立つ求人には、どんなものがあるのでしょうか? そして現代のエンジニア業界において、JavaScriptエンジニアにはどんなスキルが必要なのでしょうか?

移り変わる時代とともに需要が増えているJavaScript

現在、ウェブサイトにおいて欠かせない要素の1つに、「動き」というものがあります。

大きな企業などのサイトになればなるほど、動きを存分に取り入れたウェブページの作成に尽力しており、大きな時代の進歩を感じます。

ウェブサイト上の動きというのは、ユーザーの目に留まりやすく、そのサイトにおけるディープな部分にまで、ユーザーを引っ張ってきてくれる力があります。

JavaScriptは、サイト作りで主流になっている「動き」を構成する言語の1つとして、業界内での認知度は高いです。

JavaScriptのスペシャリストを目指そうとすると、並大抵の努力では難しいですが、プログラムというものの重要なポイントを理解するには最適で、未経験でも手を出しやすい言語だと言えます。

ウェブサイトの現場において、1番影響が大きいのが、スマートフォンやタブレットなどの次世代媒体の普及です。

このような時代の流れもあってか、JavaScriptを生かしたアプリ開発、ウェブサイト開発をすることによって、従来の現場よりメンテナンス性の高いパフォーマンスを実現しようと、業界は動いています。

アプリの開発現場、最先端のウェブサイト作成の現場では、JavaScriptが役に立つ求人を多く募集しています。

JavaScriptを最大限に生かした専門職「フロントエンジニア」

現在のエンジニア業界で、JavaScriptエンジニアというのは、「フロントエンジニア」と呼ばれる専門的な職種のイメージが大きくなっています。

フロントエンジニアとは、簡単に言えばウェブサイト、ウェブアプリの作成過程において、
デザインのデータを組むことを主な仕事内容としています。

これを聞くと、ウェブサイト、ウェブアプリのコーディングを担当する「ウェブコーダー」と混同しがちですが、フロントエンジニアの仕事内容は、より多くの言語の知識を必要としています。

言ってしまえば、フロントエンジニアはHTMLを使ったコーダーが発展したような形になります。

しかしHTMLの知識を主に使って行う「マークアップエンジニア」に対し、フロントエンジニアはHTMLの知識以外に、CSS、JavaScript、PHPの設計・実装の知識を、まんべんなく生かす必要があります。

デザインに直接関わる機会は、会社のポジションによっては少ないかもしれませんが、規模の小さい会社では、ウェブサイトの制作全般を担当することもあり、網羅する知識は多いでしょう。

このように、ウェブサイトの現場において、総合的に評価が高い言語が、JavaScriptです。

もっと分かりやすく言えば、HTML、CSSなどで拡大しきれないウェブサイトの部分を、JavaScriptでさらに拡大していこうという企業が増えているのです。

HTMLとCSSがセットになっている求人が多ければ、そこにさらにJavaScriptも加えられることがあり、ウェブサイトの現場で仕事をしたいエンジニアにとって、JavaScriptの言語は、これからもっと有利なものになっていくことが期待できるでしょう。

JavaScriptは自分の選択肢をいくらでも広げることができる

JavaScriptは、エンジニアに必要な言語として、上位にランクインされる反面、高待遇を受けられる言語とは、少し言い難い位置にいます。

それでも、「JavaScriptのスペシャリスト=ウェブサイト作成のスペシャリスト」という認識は高いため、ウェブ作成の現場で常にJavaScriptの必要性が叫ばれています。

特に、ウェブアプリという事業においては、これからどんどん市場の拡大が見込まれるため、JavaScriptの需要が落ち込んでくる可能性は極めて低いです。

多くのエンジニアが、JavaScriptのスキル習得に励んでいる中、まだエンジニア全体の割合としては、スペシャリストの存在が少ないです。

単体での言語の評価が特別高いわけではありませんが、先ほどのフロントエンジニアのように、HTML、CSSなど他の言語にも精通することで、高待遇の対象になれる可能性は十分秘めています。

JavaScriptエンジニアとして、給与アップを狙うのであれば、より多くの言語と組み合わせて、ウェブプロデューサー、ウェブディレクターといったような、ウェブサイト制作の上流工程に立つ必要があります。

もしくは、自分でないと作り上げることができない、新たなコンテンツ作りに知識を生かすという選択肢もあります。

とにかく、いろんな現場で生かせる言語であるJavaScriptは、転職の武器にするときに、「JavaScriptを生かして、自分はどんなことができるのか」というのを、しっかり伝えることを意識してください。

今後のプランを考えても、JavaScriptの知識は必ずどこかで生き続けます。