ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

PHPを活かしたい人へ

PHPの技術を活かした転職活動

PHPの技術を活かした転職活動

今回は、PHPの技術を活かした転職活動についてお伝えします。

はじめに

PHPは1995年に初めて登場した、オープンソースの プログラミング言語です。

PHPエンジニアは日本国内だけでも20万人ほどいると言われており、求人案件も非常に多いのが特徴のプログラミング言語です。

大学や専門学校でコンピュータの原理を学んでいなくても、独学で始めたというエンジニアも多いでしょう。

PHPの用途としては、Web系のサービス開発、ゲーム開発が多いです。

その内、ほとんどがLAMP環境(Linux+Apache+MySQL+PHP)での開発です。

今回の記事では、エンジニアがPHPのスキルを活かした転職活動を行う際に役立つ情報をご紹介します。

具体的には、PHPが

  • どんな分野で
  • どんなフレームワークで
  • どんな知識・技術が必要とされ
  • 転職先としてはどういったところが候補となるか

といった情報をまとめています。

どんな分野で使われている?

PHPは主にサーバーサイドで動的なWebページを生成するときに使われます。

必然的にWeb業界でWebサービスやWebサイトを開発する仕事が多くなるでしょう。

よく使われるフレームワーク

変化のスピードが早いWeb業界ですので、開発においても当然ながらスピードが求められます。

そのためには開発をより効率的に進めるためのツールが必要となります。

それがフレームワーク(直訳すると「枠組み」)です。

PHPを使った開発においてもいくつかの種類のフレームワークを使うことが多いです。

フレームワークに関する基本的な知識や経験は積んでおいたほうがよいでしょう。

CakePHP

CakePHPはRubyのフレームワークである、Ruby on Railsの影響を強く受けています

習得にかかる時間が短く、設置も簡単という特徴があります。

Symfony

SymfonyもCakePHP同様、Ruby on Railsの影響を強く受けた、MVC(Model, View, Control)モデルのオープンソースフレームワークです。

スケーラビリティに優れるという特徴を持ち、規模が大きくなるソフトウェア開発に向いています。

Codeigniter

Codeigniterは、ソースコードが軽量で動作が速いという特徴を持つフレームワークです。

開発をサポートするライブラリ群が豊富で、かつ他のフレームワークとは異なり、コマンドライン操作が不要でもあります。

FuelPHP

FuelPHPは、既存のフレームワーク(CakePHP、CodeIgniter、Symfony)の長所を受け継いでいる最先端のフレームワークです。

PHPの中でも新しいバージョンに対応しています。

Zend Framework

Zend Frameworkは、PHPというプログラミング言語の開発を主体となって行っている、Zend Technologies社が中心となって開発したフレームワークです。

シンプルさと拡張性、オブジェクト指向という特徴を持っています。

必要とされる知識・技術・能力

PHPを使ったソフトウェア開発プロジェクトでは、どのような周辺知識・技術が必要とされるのでしょうか。いくつか列挙していきます。

新しいことに挑戦する

常に新しい技術が生まれては消えるのがWeb業界ですから、業界をリードしていくためには、最先端技術についていく必要があります。

そのためにも既存の知識・技術に止まるのではなく、常に新しい世界に飛び込んで学び、挑戦する力が求められます。

前述したように、PHPには多数のフレームワークがあります。

開発現場によってもどのフレームワークを用いるかは異なりますので、どんなフレームワークを使う現場であろうとすぐ対応できる、対応能力も求められます。

他分野・他職種を理解するコミュニケーション能力

プロジェクト開発というものはプログラミングを行うエンジニアだけで成り立つものではありません。

別業種である顧客であったり、企画、デザイナー、テスターなど色々な立場でプロジェクトに関わる人がいて、その人達がチームプレーを組むことで初めて成り立つものです。

プログラマーの立場からしか発言できないのはよろしくありません。

コミュニケーションするときは、そもそも見ている景色、大事にしていることが違うという大前提から行う必要があるでしょう。

それほどの柔軟さが求められます。

LAMP環境の知識・技術

冒頭でもご紹介した通り、PHP開発のほとんどがLAMP環境で行われますので、この開発環境に慣れておく必要はあるでしょう。

LAMP環境のそれぞれについてもみていきましょう。

Linux

Linuxの基本的なコマンドや操作方法を理解しておくことは必須と言えるでしょう。

WindowsやMacと異なり、CUIが操作のメインにもなりますので慣れが必要です。

Apache

ApacheはオープンソースのWebサーバーです。

Linuxにおいてはよく使われていますので、インストール方法であったり、最低限の設定作業はできるようになっておきましょう。

MySQL

MySQLはデータベースの1つです。

Webサービスは規模によっては大量の顧客データを使うことがありますので、データを管理するときにデータベースが必要となります。

データベースの基礎とSQL文は使えるようになっておきましょう。

HTML&CSSの知識・技術

PHPはWebサイトやWebサービスを開発するときに使うことが多いため、HTMLやCSSの知識も必須と言えるでしょう。

HTMLの中にPHPコードを埋め込むため、HTMLのタグは読めないと困りますし、プログラマーとデザイナーを兼任したり、兼任しないにしてもデザイナーとのコミュニケーションが必要なため、CSSの知識や経験があったほうがよいでしょう。

転職先としての候補は?

転職先として第一に考えられるのは、WebサービスやWebサイトを開発している企業が候補となるでしょう。

まとめ

今回はPHPが使われる分野や用途、またPHPを使う際に併用される周辺技術についてまとめました。

PHP開発において必要となるのは、

  • フレームワークを扱えること
  • 新しいことにチャレンジする精神
  • LAMP環境での開発ができること

が挙げられます。

今回お伝えした内容を少しでもご自身の転職活動に活かしていただきたいです!