ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

C++を活かしたい人へ

C++の技術を活かした転職活動

C++の技術を活かした転職活動

今回は、C++の技術を活かした転職活動についてお伝えします。

はじめに

C++は1983年に初めてリリースされた、C言語を拡張してつくられたプログラミング言語です。

オブジェクト指向の要素を取り入れた言語でもあります。

C++の用途としては、主にWindowsアプリケーションや組込みソフトウェア、ゲームプログラミングの分野などに使われています。

今回の記事では、エンジニアがC++のスキルを活かした転職活動を行う際に役立つ情報をご紹介します。

具体的には、C++が

  • どんな分野で
  • どんな知識・技術が必要とされ
  • 転職先としてはどういったところが候補となるか

といった情報をまとめています。

どんな分野で使われている?

RubyやJavaScriptなど、いわゆるスクリプト型言語に比べると機械語に近いため、より高速で動作します。

そのため、リアルタイム性が求められる分野でよく使われます。

具体的には組込みソフトウェアや画像処理の部分などです。

必要とされる知識・技術

C++を使った開発プロジェクトにおいてはどのような周辺知識・技術が必要とされるのでしょうか。

いくつか列挙していきます。

標準ライブラリの知識・技術

C++にはSTL(Standard Template Library)と呼ばれる標準ライブラリが用意されています。

この中にはコーディングをより効率よくするための便利なライブラリ群が多数用意されています。

全ての機能を暗記する必要はありませんが、どういった機能のものがあるのかは把握しておくと、いざ必要という場合に頭に浮かんできて便利でしょう。

外部ライブラリの知識・技術

STL以外にも、C++で使える外部ライブラリが公開されています。

代表的なものとしては、BoostやCppUnitです。

BoostはSTLには入っていませんが、STLに入る候補となるライブラリであったり、STLに対する先行導入の要素が強いです。

CppUnitはユニットテストのフレームワークで、テスト業務のときに使う可能性もあります。

人工知能の知識・技術

人工知能を搭載した機器やサービスは対人間とのコミュニケーションがあったりしますので、よりリアルタイム性が求められます。

リアルタイムに応答してくれないサービスには不満がたまる人もいるでしょうから、そういったリアルタイム性が求められる分野には、 高速に動作するC++が使われることが多いです。

人工知能の分野は今後さらに加速していくのは確実でしょう。

イギリスのオックスフォード大学があと10年で消える職業を発表していることから予想すると、今後、人間が行っている仕事を代行する人工知能がどんどん発表されていくでしょう。

それらを開発するときに求められるのがC++を扱えるエンジニアであり、なおかつ人工知能の仕組み・構造など基礎を深く理解している人材でしょう。

そういった意味で今後、人工知能を理解しているC++エンジニアは重宝されそうです。

画像処理の知識・技術

人工知能とも通じる部分がありますが、画像処理は扱うデータ量が文字データなどに比べて圧倒的に大きく、なおかつ高速な処理が求められる場合が多いです。

そのため、画像処理を行うソフトウェアの実装にC++が使われることが多いです。

また、OpenGLという画像処理のライブラリを使う開発プロジェクトもありますので、OpenGLが提供するAPIであったり、画像処理のアルゴリズムについては基礎の理解は必要でしょう。

ネットワークの知識・技術

C++は組込み機器のソフトウェア実装によく使われているため、それら組込み機器がインターネットに接続する場合はネットワークに関する基礎的な知識が必要となります。

組込み機器以外であったとしても、開発したソフトウェアが特定の範囲だけでクローズしているよりは物理的な距離をまたいでネットワークで繋がっている場合も多いでしょう。

そういった場合にネットワークへの理解度は重要です。

具体的にはソケットプログラミングやTCP/IPの基礎的な部分などが挙げられます。

プロジェクトマネジメントの知識・技術

エンジニアたるもの、プログラミングだけできればよいというものではありません。

開発プロジェクトの中ではコーディング以外にも企画・設計・テストなど様々な工程があります。

自分が関わるところだけ見ていればよいという狭い視野ではなく、プロジェクト全体を俯瞰してみることができる、マネジメントの観点は強力な武器となります。

プロジェクト全体を把握する能力が備われば、他の部署との交渉事やコミュニケーションもよりスムーズに進みます。

Linuxの知識・技術

C++の開発環境は、必ずしもWindows環境とは限りません。

開発マシンのOSがLinuxであることも充分考えられます。

開発部署に配属された際、Linuxのことは全くわかりません、というのは通用しません。

基本的な使い方、Windowsとのできること・できないことの違いについては理解した上で、コマンドはある程度使えるようになっておく必要があるでしょう。

転職先としての候補は?

転職先として第一に考えられるのは、組込みソフトウェアを開発している企業でしょう。

これからIoT時代に突入していきますし、今までのようにパソコンやスマートフォンだけがインターネットに繋がっていた時代は終わりを迎え、家庭にある様々な機器がインターネットと繋がっていくでしょう。

そのような時代になったとき、組込みソフトウェアを実装できるC++エンジニアの需要は必ず高くなってきます。

活躍の場所はたくさん生まれてくるでしょう。

また、C++は特定のプラットフォームに依存しないため、自社オリジナルの製品を開発している企業においても使われています。

そういった自社製品開発を行っている企業も転職先の候補となりうるでしょう。

まとめ

今回はC++が使われる分野や用途、またC++を使う際に併用される周辺技術についてまとめました。

C++は今後のIoT時代を引っ張っていく組込みエンジニアの強力な道具となりうるでしょう。

C++の知識・経験を今のうちから蓄積しておくことで、将来の活躍の幅は全く変わるものとなるはずです。

今回お伝えした内容を少しでもご自身の転職活動に活かしていただきたいです!