ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

Javaを活かしたい人へ

Javaの技術を活かした転職活動

Javaの技術を活かした転職活動

今回は、Javaの技術を活かした転職活動についてお伝えします。

はじめに

Java言語(以下、Java)は1995年に初めてリリースされた、オブジェクト指向の要素を取り入れたプログラミング言語です。

Javaの用途としては、主にWeb系・オープン系と呼ばれる分野に使われています。

今回の記事では、エンジニアがJavaのスキルを活かした転職活動を行う際に役立つ情報をご紹介します。

具体的には、Javaが

  • どんな分野で
  • どんな技術と併用され
  • 転職先としてはどういったところが候補となるか

といった情報をまとめています。

どんな分野で使われている?

冒頭でご紹介した通り、JavaはWeb系・オープン系に使われることが多いです。

システムエンジニア業界では、業界内の分類として、前述の2つに加え、汎用系、制御系の4つが挙げられることが多いです。

Web系では**HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)***を使って接続するシステムを開発します。

インターネットに接続して外部と通信を行うようなシステムの開発ですね。Javaそのものの理解も必要ですが、インターネットを含め、ネットワーク通信の仕組みについても基本的な理解が求められるでしょう。

オープン系を理解するためには対称性として汎用系を理解するのがよいでしょう。

汎用系は汎用コンピュータ(メインフレーム)と呼ばれる大型コンピュータで開発されるシステムです。

パソコンなどは個人用として使わることが多いですが、汎用コンピュータは銀行や企業の基幹システムに使われることが多いです。

こういった基幹システムは何十年もの間使い続けているものが多く、COBOLという古くからあるプログラミング言語が使われます。

一方でオープン系はUNIXやWindowsをベースとして開発されることが多いです。

汎用系がハードウェアやOSが限定される一方、オープン系はそういった制限がなく、比較的自由にハードウェア、OS、開発言語を選択できるという特徴があります。

必要とされる知識・技術

JSPの知識・技術

JSPとはJava Server Pageの略で、サーブレット同様、サーバー上で動作します。

ネットサーフィンをしていて、Javaのインストールを求められたことはないでしょうか。

インターネット上にあるページやサービスの多くがJavaで作られているため、クライアント側でもJavaをインストールしておく必要があるのです。

サーブレットがWebサーバ上で動作するJavaプログラムである一方、JSPはHTMLに埋め込む形のJavaプログラムです。

Web系のプロジェクトにおいてJavaを活用したい場合はJSPの知識・技術が活かせることでしょう。

Seasar2の知識・技術

Seasar2とは、DI(Dependecy Injection、依存性の注入)AOP(Aspect Oriented Programming、アスペクト指向プログラミング)という設計思想に基づいて作られたJavaのフレームワーク(枠組み)です。

Javaで開発されるソフトウェアは比較的大規模なものが多いため、ソースコードの一か所を変更すると他の箇所にも影響が出てしまうのですが、DIを導入することで1つ1つのプログラムの独立性を高め、影響範囲を絞ることを可能にします。

2016年9月26日にサポートが終了しているため、今後使われる機会は減っていきそうですが、過去にSeasar2で開発されたシステムのメンテナンス用途としては技術者の需要があるでしょう。

Springの知識・技術

SpringもJavaのフレームワークの1つです。

Seasar2同様、DIを取り入れています。

テストも簡単に行えるという特徴を持ち、Webシステム、Webサービスの開発によく使われているフレームワークです。

Struts2の知識・技術

Struts2(Apache Struts 2)もJavaのフレームワークの1つです。

MVCモデルを取り入れて作られています。

MVCモデルとは、アプリケーションをModel、View、Controlの3つに分割して考えるモデルです。

Play Frameworkの知識・技術

Play FrameworkもJavaのフレームワークで、Scala言語とJavaによって書かれています。

Struts同様、MVCモデルを採用しています。

Javaに加え、Scalaに対する理解も必要となるでしょう。

Androidの知識・技術

OSとしてAndroidを搭載しているスマートフォン向けにアプリケーションを開発するときにJavaを使って開発します。

開発においては、Android SDK(Software Development Kit)の理解も必要となるでしょう。

また、Javaでアプリケーションを開発するときにはIDE(Integrated Development Environment、統合開発環境)としてEclipseがよく使われます。

Eclipse上でAndroidアプリケーションの開発ができるようになっておくと、スマートフォン向けアプリケーション開発の現場で活躍できるでしょう。

転職先としての候補は?

転職先として第一に考えられるのは、自社でWeb系やオープン系のシステムを開発している企業や、そういった企業との取引のあるソフトウェア開発を事業としている企業でしょう。

また、Android向けのゲームを開発している企業やAndroid向けのアプリケーション開発をしている企業も転職先の候補となるでしょう。

まとめ

今回はJavaが使われる分野や用途、またJavaを使う際に併用される周辺技術についてまとめました。

今回、以下の4つのJavaフレームワークをご紹介しました。

  • JSP
  • Seasar2
  • Struts2
  • Play Framework

既にサポートが終了しているフレームワークもあります。

転職先がどのフレームワークを選択しているのかは事前に把握しておく必要があるでしょう。

今回お伝えした内容を少しでもご自身の転職活動に活かしていただきたいです!