ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

1人で転職活動を始めるのは不安!

転職のスケジュールに関するアドバイスをもらえるところはあるの?

転職のスケジュールに関するアドバイスをもらえるところはあるの?

「転職を何から始めたらいいのか分からない・・・」 そんなとき、エンジニアの転職スケジュールに関するアドバイスをもらえるところがあれば、不安な気持ちが少しは解消されますよね。 そして、スケジュールを1から自分で立てる時間がなかったり、転職の経験がない方は、自分が立てたスケジュールを誰かに確認してほしいという気持ちもありますよね。 そんなときに、救いの手を差し伸べてくれるところは、どんなところなのでしょうか? 自分1人の力では難しいスケジューリングも、サポートを受けながら進めていけば、必ず有意義なものになるでしょう。

在職中から積極的に転職エージェントを活用しよう

「転職エージェント」は、エンジニアの転職のアドバイスだけではなく、転職に関するすべての「橋渡し」になってくれる存在です。

転職エージェントの基本的な役割は、「人材紹介」です。

転職を希望しているエンジニアと、人材を求める企業の間に入り、win-winになるように業務を遂行していきます。

そして、エンジニアの転職に関するさまざなアドバイスを、無料で受けられることが最大の魅力でしょう。

具体的には、スケジュールの相談はもちろん、履歴書・職務経歴書などの書類の添削作業、さらにはエンジニアにとって重要な将来の相談まで、至れり尽くせりです。

自分だけで情報を収集して、これらの作業を抱え込もうと思うと、現職との両立なんて夢のように感じてしまいますね。

転職エージェントに登録するところからスタート!

まずは、在職中に転職エージェントに登録しましょう。

各エージェントのサービス内容や、評価などをじっくり見極めてから決定します。

そして、在職中に1度面談の段取りを組んでおきましょう。

在職中でも、エージェントと面談をするだけなら、大っぴらな転職活動をしていることにはなりませんので、安心してください。

そのときに、転職のスケジュールについて不安がある場合は、すぐに打ち明けましょう。
あなたに最適な転職スケジュールを、きっと真摯に考えてくれるはずです。

転職エージェントにアドバイスをもらったスケジュールであれば、少なくとも自分1人で考えたスケジュールよりは正確で、効率の良い転職活動が可能になるでしょう。

転職サポートサイトの情報は意外と世に出ていない

そしてもう1つが、「エンジニアの転職サポートサイト」です。

転職サポートサイトとは、ただの求人サイトではなく、エンジニアが転職の際に不安になることや、知りたい情報を発信してくれているサイトのことです。

大体が求人サイトと1つになっているものが多く、アドバイスをくれる人物は、転職した経験のあるエンジニアや、エンジニアの専門知識が豊富なコンサルタントが多く、説得力のあるアドバイスを受けることができます。

1番活用したいのは、専門知識を持ったアドバイザーが、エンジニアの質問に1つ1つ答えている「Q&A」方式のアドバイスです。

このQ&Aの欄には、エンジニアのかなり細かい質問まで載っていることが多いので、思いがけなく自分にピッタリの情報を得られる可能性もあります。

ですので、転職スケジュールのことで詰まってしまったときは、転職サポートサイトを覗いてみるのもアリだと思います。

アドバイスはあくまでアドバイス。自分の意見を大切に

スケジュールのアドバイスをもらうことは、エンジニアにとってとても重要なサポートになりますが、「鵜呑みにする」ということではありません。

エンジニアによって、転職スケジュールが違うのは当然です。

明確なゴールがあり、自分である程度立てた計画とあまりにも噛み合わない場合は、1回じっくり考えてみましょう。

転職エージェントとの面談の場合は、「自分はこういう風なスケジュールを立てたい」という意見を十分に伝えて、より良いスケジュールに向かってディスカッションすることも大事です。

自分1人で考えるより、他の人のアドバイスを参考にすれば、異なった角度で物事を見ることができます。

それと同じことで、アドバイスをすべて鵜呑みにするより、自分の意見もそこに盛り込んだ方が、それは必ず洗練されたスケジュールになっているはずです。

具体的には、「目標」、「生かしたいスキル」、「やってみたい業務」ぐらいは自分で明確にしておいた方がいいです。

「では、それを達成するにはどんなスケジュールを組んだらいいのか?」という段階まで行ったときに、初めてスケジューリングに関するアドバイスを取り入れることをオススメします。

自分の意見がある程度反映されたスケジュールなら、予定通り上手く転職が進まない場合でも、多少は納得できます。

しかしスケジュールにアドバイスを取り入れすぎると、上手くいかなかったときに、それは納得できるスケジュールだったと割り切ることができるでしょうか。

エンジニアの転職は、転職に適した時期、適齢期が短いと言われています。少しでも後悔のないスケジューリングで、転職を成功させましょう。