ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

人間関係で悩まないためには?

転職先で良い人間関係を構築する方法

転職先で良い人間関係を構築する方法

エンジニアの転職の理由として、「今の職場での人間関係が上手くいかない」ということも考えられます。 エンジニアの現場は、常に新しい技術を身に付ける吸収力と、向上心がとても重要になります。 そんな中で、人間関係に悩んでしまうと、技術革新の波について行けなくなる可能性も高くなり、職場の人間関係がいかに大切かというのが分かります。 新しい転職先で、仕事に影響の出ない人間関係を構築するには、どうすれば良いのでしょうか? そして、今の人間関係をリセットして、新しい人間関係を構築することには、どんなメリットがあるのでしょうか?

転職先での人間関係は自分で土台を作る

まず新しい転職先では、「自分から行動する」ということを忘れないようにしましょう。
人間関係の構築に悩みすぎて、自分からなかなか話しかけられないというのは1番ダメなパターンです。

そして、エンジニアは「自分のスキルをアピールする」ということが、良い人間関係の構築に繋がることもあります。

いくら自分に実績があるからと言って、上から目線であまりベラベラ喋りすぎてもいけません。

「自分にはこんなことができる」、「自分はこんなことが向いている」というアピールをしっかりすれば、同じ会社で働くエンジニアとして、ちょっとずつ信頼関係が生まれてくるでしょう。

あまり技術や経験がない20代のエンジニアであれば、とにかく「知識を吸収する」という姿勢を見せていきましょう。

会社のことなら何でもやるという意味ではなくて、エンジニアとしてのスキルを高めたいという気持ちを見せることが大事でしょう。

職場には、いろんな人がいます。どうしても、自分に合わない人もいるでしょう。

そんなときは自分が大人になって、自分は好きでなくても「相手からは好かれている」という状況を作れば、エンジニアの仕事にも大分負担はなくなってきます。

そして、そのような人間関係ができれば、最初は合わないと思っていた人でも、好きなところが徐々に見えてくるものです。

自分自身で悪い環境から離れられるのも転職のメリット

人間関係も転職の理由に含まれている方は特に、転職先の人間関係でまた悩んでしまうのは嫌ですよね。

そう考えるのはおかしいことではありません。
では、人間関係をリセットしてやり直すということのメリットを紹介しましょう。

例えば、前職の同僚で、いつも周りの愚痴を言っていたり、嫌味ばかり言っている人といた場合。

この人と一緒に居て、エンジニアとしての質、会社としての質を高められると思いますか?

答えはNOです。

自分も卑屈になってしまう以外に、まず同じエンジニアとして尊敬できる存在の方が、どう考えても仕事のプラスになるのか明らかです。

同僚だけでなく、上司もそういう人なら申し分ないですよね。

自分より立場が上の人が、汗水垂らして努力している姿を見ると、キャリアアップの発奮材料にもなります。

さらにもっとひどいところで言うと、会社内でのパワハラや、いじめのターゲットになる可能性もあります。

そんなところは論外です。

会社でいじめを受けた場合でも、エンジニアの場合は「転職する」という選択肢があります。

学校のいじめと違うところは、「自分の意思でその場を離れることができる」ということです。

このような環境を変われば、仕事の質が上がってくるのは間違いないでしょう。
ですので、前職でいまいちモチベーションが上がらなかった方は、人間関係をリセットすることがメリットだらけというのが分かります。

エンジニアの仕事が終わっても人付き合いはずっと続いていく

そして、転職先での人間関係を深く考えすぎてもいけません。

新しい人間関係というのは、皆さんが思っているよりも簡単に構築できるものです。

今の職場の人間関係は嫌だけど、新しい転職先で人間関係をまた作るのは億劫だと思っている方もいると思います。

それは少し考えすぎだと思います。

自分が前職に就いたときのことを思い出すと分かるかも知れませんが、他のエンジニアに名前を覚えてもらって、仕事にも慣れだして、古株のエンジニアとあまり変わらないとこ

ろに至るまで、それほど時間はかからなかったはずです。

仕事上の立場、上下関係は時間がかかるかもしれませんが、会社においての自分の「存在感」というのは、すぐに形になります。

ましてや、すぐに転職先で結果を残し、また新しい実績を作っていけば、職場の仲間としても、会社の戦力としても、あなたの存在は確固たるものに近づいてくるでしょう。

エンジニアの将来というのは、他の仕事に比べて、人生の前半でかなりの部分を構築してしまうものです。

しかしそれは仕事の部分の話で、人間関係というのは、仕事をしていく以上避けられないことで、エンジニアとして将来が見えたとしても、その後の人生は「人との出会い」との連続です。後悔ないエンジニア人生を送ってください。