ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

面接では受け答えが大切!

面接時にはどれくらいの質問の答えを準備しておけばいいか?

面接時にはどれくらいの質問の答えを準備しておけばいいか?

面接を受けるときには、一体どれくらい質問をされるものなのでしょうか? 企業によってさまざまですが、面接官が聞きたい質問というのは、エンジニアの面接の場合ほとんどパターン化しています。 それぞれの質問につき、いくつぐらいの答えを準備しておけばいいのか、解説していきましょう。 さらに、質問に答える以外にも、面接に用意していくべきことをお教えします。

実績はポジティブに具体的に

まず1番深く掘り下げて質問されるのは、やはり今までの「エンジニアとしての実績」についてです。

まず、あなたがどれくらいの知識・スキルを持っていて、企業でどれくらいのポジションを担えるエンジニアなのか、面接官は知りたがっています。

よくある質問が、「これまで1番苦労したプロジェクトはどんなものでしたか?」という質問や、「前職ではどんな事業に取り組んでいましたか?」という質問です。

この場合、前職で経験したことについての質問には、最低でも3つ以上は答えを用意しておきましょう。

ネガティブな表現は避ける

経験を話すことは、ネガティブな表現を避ければ多いに越したことはありません。

さらに、自分の実績を話していき、「分かりました。他には何かありますか?」といった感じで、こちらの答えが尽きるまで聞いてくれる面接官もいます。

そういったケースで、1問1答になってしまうと、1つの質問につき1つの答えしか用意していないということがバレてしまいます。

内容がどうであれ、答えをいくつも用意して面接に臨むというのは、入社したいという気持ちの表れでもあり、それは必ず面接官に伝わります。

こういう実績について回答するときは、苦労したプロジェクトの話をして、最終的には「苦労しましたが、やりがいのある仕事でした」と言ったように、自分の成長に繋がったことをアピールすると、向上心があるというアピールもできます。

逆にやってはいけないのは、ミスが重なったことが単純に苦労だった、という風な表現です。

ましてや顧客や会社に迷惑をかけてしまったなんて締め方は最悪です。

面接の印象だけでも信頼感を持ってもらうために、「苦労した仕事が楽しかった」という風な伝え方をすることは大事です。

答えを持って行かないもの、内容の濃い答えを持って行くものがある

あとよく聞かれるのは、「入社できたらやりたいこと」、「休日の過ごし方・趣味」、「こういう状況で、あなたはどう対応しますか?」という質問です。

人間性・社会人としての常識が試されるような質問は、正直なところ答えを決めて持って行くことは難しいです。

その会社によって質問のスタイルにも大きな差があり、実際に社会人・エンジニアとしての教養や常識、責任感というものを身に付けておく必要があります。

しかしそれは、社会人としてこれまで活動してきたのであれば、身についていて当然のレベルのものです。

「自分の現場は自分が責任を取る」、「他人のミスを自分ができるだけカバーする」といったような、組織で動く上での常識を落ち着いて話せれば、それほど悪い印象は与えないはずです。

あとは直接仕事には関係ない、趣味や休日の過ごし方ですが、これに関しては多くの答えを用意しておく必要はありません。

各質問につき、具体的かつ間延びしないように話せる答えが1つあれば、それで十分です。

しかし、その答えについて、少し掘り下げられる可能性も考えておきましょう。
和やかな雰囲気の面接の場で、もし自分が答えた趣味が、面接官と一致した場合などです。

1つでいいので、その答えに関しては、多少突っ込まれても返せるぐらいの知識を持っておきましょう。
イメージを重視して、自分が全く詳しくない趣味を答えたりするのはNGです。

そして、ギャンブルや飲酒など、一般的にイメージの良くないものは、本当でも口にはしない方が得策です。

逆質問で最後に意欲的なアピールを

面接官の質問に対する答えだけでなく、最後にこちらから「逆質問」をするのも、意欲的な部分がアピールできるチャンスです。

エンジニアの面接の最後は、必ず「何か質問はありますか?」と聞いてくれます。
このときに質問ができるように、用意しておきましょう。

基本的に、面接の最後で逆質問をするのは、面接の常識です。
用意していないというのは、少し転職を成功させる意識が低いとも言えます。

質問攻めはNG

かといって、面接の最後に質問攻めをしてはいけません。
企業の事業に関して気になる部分や、直接面接官に聞かないと分からない部分、なおかつ面接官が明確な答えをくれそうな質問を、2つほど用意しておきましょう。

答えが明確だからと言って、お金のことを聞いたり、面接の返事はいつになるのかなど、イメージを下げることは絶対聞いてはいけません。

最初の質問のときに、しっかり自分の向上心を伝えられなかったと感じた場合は特に、最後の逆質問でそれを挽回するチャンスです。