ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

同じエンジニアでも年収が違う!?

各エンジニアの平均年収はどれ位?

各エンジニアの平均年収はどれ位?

自分がエンジニアという業界に身を置く立場として、各エンジニアの「平均年収」というのは、やはり気になるところでしょう。 エンジニアと言ってもさまざまな分野が存在し、おそらく皆さんが思っている以上に、平均年収にはバラつきがあります。 エンジニアは大きく2つにカテゴライズされることが多く、システムの設計や開発のいわゆる「上流工程」を担うことが多い「システムエンジニア(SE)」と、主にコンピューターを動かすことを目的とした業務が多い「プログラマー」に分けられます。 今回は、エンジニア業界の最先端を行くこの2つのタイプの、平均年収を見ていきましょう。 また、男女間でも、どれだけ平均年収に差があるのか、具体的な数字で紹介していきます。

同じシステムエンジニアという立場でも、年収には大きな開きがある

企業によっても、SEとプログラマーの線引きは難しいところですが、SEに分類されることが多い「セキュリティエンジニア」、「カスタマーエンジニア」という職種を紹介します。

セキュリティエンジニアは、近年とても重宝されている職種です。

企業のシステムやデータベースが、ウイルス感染や情報漏洩の危険にさらされることが増え、あらゆる角度で企業のセキュリティ管理に携わっています。

ネットワークの深い知識が必要になり、大きなネットワークの設計や保守をある程度経験したエンジニアでないと、全うすることは難しいと言えます。

セキュリティエンジニアの平均年収は約597万円で、高い技術が求められる分、エンジニアの中でもかなりの高待遇になります。

カスタマーエンジニアは土俵が違う

一方カスタマーエンジニアとは、同じSEでも全く土俵が違います。
主に自社独自のシステムや機械類を導入している企業には、質の高いカスタマーエンジニアを必要としています。

「システムや機械のトラブル解決」を主な仕事としているカスタマーエンジニアは、自社システムの深い理解、そしてシステムや機械に対する的確な対応が求められ、他のエンジニアとはもっとも一線を画している職種だと言えます。

カスタマーエンジニアの平均年収は約350万円で、SEの中ではかなり低い位置になります。

しかし会社にとっては唯一無二の存在で、年齢を重ねたエンジニアの場合でも、必要としている企業が多いのが特徴です。

似て非なるプログラマーの仕事内容と、意識の違い

次に、プログラマーという位置づけになることが多い「ネットワークエンジニア」、「ウェブエンジニア」という職種を見ていきましょう。

ネットワークエンジニアが主に担っているのは、ネットワークの根本的な構築です。
企業が運用するサーバーやシステムは、家庭用のパソコンとは異なる知識が多く必要で、プログラムの能力やOSの知識が必須になります。

ネットワークに関するトラブルにも迅速に対応することが求められ、プログラマーとしての手腕がもっとも問われる職種とも言われています。

ネットワークエンジニアの平均年収は約547万円となっており、責任が重い職種というだけあって、なかなかの高待遇であることが分かります。

ウェブエンジニアも、認識としてはネットワークエンジニアに近いものがあります。

しかし特化しなくてはいけない知識は大きく異なり、ネットワークの根本よりもサイトの作成、サーバーの立ち上げなど、実際スキルが表に出るような作業が多く、プログラマーの中でも花形のような存在です。

人気も非常に高い職種でもあり、平均年収も約512万円と高水準です。
しかしウェブエンジニアはもっとも「トレンドに乗り遅れてはいけない職種」でもあります。

人の目に付きやすいウェブエンジニアの仕事は、新しい情報、デザインを常に発信する側になることを心がけなくてはいけません。

「エンジニア」として算出すると、性別や仕事内容で大きく差が出る平均年収

システムエンジニア、そしてプログラマーという職業は、男女間でどれくらい平均年収に差があるのでしょうか?

SEとプログラマーをひっくるめたエンジニアは、男性が約9割を占めていて、圧倒的に男性の方が経験値も豊富です。

あとは年代でも大きな差があります。

システムエンジニアの男性の平均年収は、約567万円ですが、20代が約396万円で、50代になると約681万円まで跳ね上がります。

女性の場合は平均年収が約500万円と、男性よりはやはり劣ります。
しかし20代の平均年収に関しては、約351万円と、それほど大きな差がありません。

プログラマーの場合も、男女の平均年収の違いは同じような感じです。
男性の平均年収が約489万円、女性の平均年収が約423万円です。

この結果を見て分かるように、同じエンジニアというくくりでも、業種によって100万円以上の年収の差が出ることもあります。

あくまで大まかな目安ではありますが、自分が目指しているエンジニアと、年収のイメージをなるべく一体化しておくのは、必要なことだと思います。

転職を考えている方は、特にキャリアプランを考える材料として、平均年収を取り入れてみることをオススメします。