ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

Javaを活用したい人へ

Javaが役に立つ求人は?

Javaが役に立つ求人は?

Javaは、1995年から普及したプログラミング言語です。 リリースから20年以上経った現在でも、ウェブ開発の現場では欠かせない言語となってます。 Windows、Mac、Linux、さらにはスマートフォンまで、媒体に依存しないプログラム実行が可能なのが、最大の特徴です。 Javaが役に立つ求人は、どれくらい存在しているのでしょうか? さらには求められるエンジニア、将来的な考察などもしていきたいと思います。

今も昔も求人の数は圧倒的なJava

結論から言うと、Javaは現在でも非常に多くの求人を募集しています。

ウェブページやウェブサービス以外にも、規模の大きなシステムや、スマートフォンのアプリで使われるAndroidOSのように、Javaが関係しているプロジェクトは多岐に渡っています。

年々需要が高まっていて、Javaを生かして開発に携わりたいというエンジニアも、他の言語と比べてとても多いのですが、それでも現場のエンジニアは足りていない状況です。

「Javaの開発」と言っても、より細分化するとサーバーサイド開発、クライアントサイド開発に分かれ、双方で求められる経験や知識も異なります。

それでも、Javaの知識があるエンジニアは、携われるプロジェクトの数が段違いなため、自分がやってみたいプロジェクトの選択肢は多いです。

エンジニアという職業は、転職の際に、「自分の経験を生かす」ということが大切です。

そして、Javaの経験が全くないエンジニアが、無理やりその世界に入っていくという必要はありません。

しかし、ウェブ系のサービスやシステム、または業務システムの設計に従事したいという方は、Javaを強くオススメします。

また最近は、スマートフォンアプリの需要も増えてきており、Java開発とは一言で言い表せないぐらい、いろんなジャンルに挑戦ができる言語です。

自分が興味のあるものを選択すればいいので、これからエンジニアとして生かして行ける経験を得るチャンスも多くあると言えます。

Javaの求人に求められるスキルと人間性

Javaの技術が役に立つのは、自社サービスによってウェブコンテンツを開発している企業や、企業向け業務システムの開発を行っている企業、さらには自社のサービス・システムの保守点検をする社内の情報システム管理など、役に立つ求人はたくさんあります。

企業に向けた業務システムの開発に携わる場合は、技術はもちろん、いろんなプロジェクトに対応する能力も必要になります。

またクライアントの要望を上手く理解する、カスタマーエンジニアの役割も果たさないといけません。

エンジニア業界全体の知識も多く必要になるため、自社サービスを運用していく企業では、つねに新しい手法やサービスに目を向けていくため、業界の情報を収集したり、積極的に新しいものを作っていこうという飽くなき探求心も必要です。

Javaを得意とするエンジニアを求めている企業でも、積極性を持ったエンジニアを欲している傾向にあります。

それでも、Javaを生かすことができれば、企業の規模や業種を多くから選択することができます。

プログラミング言語の知識に重きが置かれていた時代から、社会人として、人間としてのスキルが求められる求人が増えていることは間違いなく、Javaのスキルを持っているということは、ある程度の「ヒューマンスキル」も求められるんだということを、肝に銘じておきましょう。

これからJavaのニーズが減ることは考えにくい

Javaという言語は、企業にとってもエンジニアにとっても人気のある言語です。

ということは、Javaを転職活動の武器にしようと考えている、経験者の数も多いということになります。

それでもJavaを生かしたいエンジニアよりも、企業が求めているニーズの方が多いので、エンジニア側からすればいろんな選択肢を駆使できて、動きやすい状況ではあります。

近年のシステム開発になくてはならない「オブジェクト指向」などの要素が多いのと、企業以外でも開発の環境が整えやすいというところから、エンジニアの専門学校、あるいは職業訓練でJavaを勉強する方も増えています。

将来的なプランも明るく、これからJavaが役に立つ求人はさらに増えていくことが予想されます。

未来のサービスに関してはどうなるか分かりませんが、現在のエンジニア業界を見渡しても、Javaの需要が減るということは、まず考えられません

エンジニアとしての立場を、徐々にステップアップさせていくことはもちろん大事ですが、業界の新しいサービス・開発の経験をしていくというのも、将来的なプランにおいて大事な部分を構成していきます。

フレームワーク、テンプレートエンジンなどさまざまな開発を経験しておくことで、具体的な知識がもっと増えることになります。

業務システムの分野で広く普及し始めたJavaは、求人が減ることも考えにくく、企業のニーズにエンジニアの増加が追いつかないという現状も、しばらくは続くと考えられます。

エンジニア業界は常に競争なので、Javaを習得することは、競争に備える1つの手段ではないでしょうか。