ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

PHPを活用したい人へ

PHPが役に立つ求人は?

PHPが役に立つ求人は?

PHPは、習得する難易度の低さと、日本語のチュートリアルも充実していることから、エンジニアの間で根強い人気を誇っています。 データベースとの連携がしやすかったり、HTMLに埋め込んで使用したりできるため、スマートフォン用のソーシャルゲームなど、身近なウェブサービスにおいて、PHPが活用されるシーンは増えてきています。 PHPが役に立つ求人と、エンジニア業界でのPHPの認識はどんなものなのかというのを、詳しく解説していこうと思います。

若い世代に向けたサービスで潤うPHPの求人事情

PHPの求人数はとても多く、正社員以外じゃなく派遣での募集でも、求人が途切れるということはありません。

言語の特性上、ウェブサービスに非常に特化しているため、皆さんも普段、PHPを利用していることは多いです。

例えば、検索エンジンやSNSサイト、ショッピングサイトなどが代表的です。

そして最近では、若い世代でかなりの普及率を誇っているソーシャルゲームアプリが、PHP躍進の原動力になっています。

主にウェブサービスやウェブコンテンツを運用、配信している企業、ウェブ開発の委託業務を行っている企業において、需要が年々高まってきています。

企業の規模も大小さまざまで、PHPの知識はウェブエンジニアには欠かせなくなっています。

開発期間が比較的短いPHPは、開発重視で多くのプロジェクトに参加できる一面もあり、さらには自社のウェブサービスやコンテンツの運営維持や修正にも力を注げるため、じっくりと時間をかけて大規模なサービスを成功させるような、エンジニアの醍醐味も味わえる可能性が高いです。

PHPの実務経験を持っているエンジニアであれば、自分の希望する職種で活躍できる可能性も高いです。

経験次第では、もっとも求人が探しやすい言語と言っても過言ではありません。

選択肢が広がる上に、あらゆる業務においてPHPの需要が高いというのが、要因になっています。

時代の流れを把握して、PHPが役に立つような転職を

PHPを生かせる求人は非常に多岐に渡りますが、今だとやはり1番勢いがあるのは、スマートフォン向けのソーシャルアプリ開発でしょう。

その他で言うと、EC(電子商取引)サイトなどネット上でのショッピング関連でも、PHPを駆使して活躍するエンジニアは増えてきています。

PHPは、WordPressなどの世界規模で主要な媒体でも採用されているので、ウェブサイトを制作する企業や、ウェブシステム開発の企業など、インターネットビジネス全般でPHPを生かしているエンジニアは急増しています。

ウェブサイト作成の現場では、「CMS」というサービスが一般的に使われるようになってきています。

CMSとは、PHPが採用されているWordPressで作成されていることが多いサービスです。

ウェブ管理の担当者が、ソースコードに手を加えることなく、管理者専用の画面からウェブサイトの更新が可能になります。

ウェブサイトの管理は、規模が大きくなればなるほど負担が増えていく中、CMSは世界中で活用されており、その中核を担うPHPはなくてはならない言語です。

先ほども話に出たウェブアプリですが、PHPを使えば、世の中にあるウェブアプリと呼ばれるものは、ほとんどすべて作成することができます。

SNSの勢いは言うまでもなく過熱しており、さらにはイベント情報を発信し、参加者を募るマッチングサイトも、業界でかなり過熱しているサービスです。

現在のウェブサービスで、どのようなものが流行っているかを理解できているエンジニアであれば、間違いなくPHPが役に立つ求人を見つけ出すことができます。

経験がPHPエンジニアの将来性を大きく左右する

PHPは、開発から20年以上経っている言語ですが、ネットビジネスの急成長に準じて、急成長をし続けているプログラミング言語の1つです。

ネットビジネスの中心に現在なっているのは、ウェブコンテンツを提供するエンジニアと、利用するユーザーという巨大市場です。

サービスの種類が増えることだけでなく、今後も既存のサービスを高いレベルで運用し続ける必要があるため、PHPのニーズが減ることはないでしょう。

新しいサービスを1から作るだけでなく、1つのサービスの追加開発なども、定期的に行われることが予想され、PHPから他の言語に切り替えていくというのは、簡単なことではありません。

PHPを生かしたエンジニア、プログラマーの将来性は、最低でも現状を維持したまま、安定して推移していくことが予想されるため、今の時代にどれだけ経験を積めるかが鍵になってくるでしょう。

PHPを使うエンジニアは、コーディングにおいてPHPの修正ができるというレベルのエンジニアもいれば、ウェブシステム・コンテンツ・サイトの作成ができるというレベルまで、同じ言語でもスキルに大きく違いがあるのも特徴の1つです。

やはり今これだけ、PHPが必要とされている状況の間に、自分のスキルアップや、制作の方向性など知識を増やしておくことが、今後のネットビジネスでPHPを生かしていけるポイントだと思います。