ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

Swiftを活用したい人へ

Swiftが役に立つ求人は?

Swiftが役に立つ求人は?

Swiftは、あの世界的大企業のAppleが2014年に開発したプログラミング言語で、まだその歴史は浅いです。 Mac、iPhoneを始めとするApple社の製品アプリから、ウェブアプリの開発にまで活用することができます。 2015年にはSwiftのコードが世界中に発表されたため、エンジニアたちはSwiftを自由に使い、自分なりにカスタマイズすることが可能になりました。 新しい言語というのもあって、Swiftの可能性はまだまだ未知数の部分がありますが、どんな求人でSwiftが役に立つのか、そして今後の展望を紹介していきます。

ライバルは少なくても確実に求人量が増えているSwiftエンジニア

Swiftの求人の量は、一体どうなっているのでしょうか?

歴史の浅い言語なので、世間のエンジニアの認識としては、求人数が少ないと思っている方が多いようです。

確かに、JavaやJavaScriptのように、業界トップレベルの求人数を誇る言語に比べると劣りますが、Swiftが使えるエンジニアを欲している企業というのは、確実に増えてきています。

特に、先ほども言いましたが、2015年にSwiftのコードが公表されたため、そこから業界内での汎用性も一気に上がりました。

処理速度の速さ、そしてコードの書きやすさ、読みやすさを考慮すると、むしろSwiftを使っていな企業が不思議なくらいだと言えます。

需要が増えているとはいえ、まだSwiftについて多くの知識を持っているエンジニアは少なく、単価も他の言語と比べて高い求人が多めになっています。

Swiftの求人専門のサイトまであるぐらいで、今はライバルが少ない状況なので、Swiftを使った実務経験とうのは、大きな武器になる可能性が高いです。

アプリ開発の現場ではすでにSwiftの利便性は周知されている

何と言っても軽快な動作が魅力のSwift。

タプル、ジェネリックプログラミング、クロージャなど、次世代のプログラミング言語ならではの斬新なスペックを搭載しています。

コーディングの読みやすさは、従来の言語に比べて大きく簡素化されているのが特徴です。

Appleでは、アプリ開発の現場で「Objective-C」というプログラミング言語を、長く主要言語としてきました。

Swiftを新たに開発して運用し始めてからは、型の指定がなかったり、プログラミング分の最後にセミコロンを使用する必要もなくなりました。

コンパイルのエラーは防ぎながらも、これまでより効率の良いプログラミングが可能になったため、どんどんSwiftに推移していきました。

このような実績を受けて、主にアプリ開発の現場でSwiftを主流にしようという風潮が増えてきています。

今1番Swiftが役に立つ求人と言えば、やはり「iOSアプリ」の開発ではないでしょうか。

iOSアプリは、iPhone、iPad、iPodというApple製品で利用できるアプリケーションのことで、求人数もiOSアプリ関連が多くを占めています。

SNS、ゲームアプリは若い世代で需要が多く、ビジネスツールとしてのiOSアプリ開発に関しても、求人の中には多く見られます。

徐々に勢いが出てきたジャンルと言えば、iOSと連動が可能な「watchOS」のアプリケーションでしょう。

フィットネスアプリ、ヘルスケアアプリの需要、サービス拡大は勢いがあり、今後もSwiftエンジニアが活躍する1つのマーケットとして確立していくことでしょう。

もちろん、ビジネスにおいてもっとも汎用性の高い「Macアプリ」は、プログラミングの技術向上にも繋がる効率化ツールを多くリリースしており、求人数も増加の一途を辿っています。

次世代のスキルを兼ね備えた「次世代のエンジニア」になろう

アプリ開発という現場において、注目度は1番高いのがこのSwiftではないでしょうか。

しかし、技術者が少ないということと、サービスの多様化という面で未知数なところが多いので、入り込む勇気も必要になります。

競争率が上がれば、これからもっといろんな開発の場面で活用できる可能性もあり、一般的にもっとSwiftの情報が知れ渡ると、エンジニア業界の最前線がSwiftで構成される日も近いのではないかと思います。

新しい分野、新しい言語に挑戦したいエンジニアは、ぜひSwiftの知識を取り入れていくべきでしょう。

常に新しい技術を求める企業においては、Swiftエンジニアが高く評価される傾向にあります。

世界的に有名な企業であるGoogle、Facebookなどでも、Swiftの求人が近年はよく目に留まります。

大企業への転職も視野に入れることができるのは、魅力ではないでしょうか。

そして、他のプログラミング言語に比べて、習得難易度は低いです。

Swiftの開発ツール「Xcode」は、経験を積むことでApple製品のアプリ制作において、他のエンジニアと大きく差をつけることができます

エンジニアとしてのプランに少し迷いがある方、キャリアアップしていくにあたって、新しいマーケットへの進出を考えている方は、このタイミングでSwiftにシフトしていくことも選択肢の1つにしていいと思います。

次世代のエンジニアが不足している中で、次世代のスキルを持ったエンジニアの登場は、企業にとってもエンジニア業界全体にとっても、底上げに大きく貢献できる人材だと言えるでしょう。