ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

HTMLとCSSを活用したい人へ

HTMLとCSSが役に立つ求人は?

HTMLとCSSが役に立つ求人は?

HTMLは、ウェブページを作成するためのプログラミング言語です。 ネット上で公開されているウェブページに関しては、ほとんどがこのHTMLを使って作成されたものです。 HTMLの「HT(ハイパーテキスト)」とは、ウェブページにリンクを埋め込むための高性能なテキストです。 一方CSSとは、ウェブページのレイアウト、文字サイズ・フォントなどを設定できるプログラム言語です。 CSSを使用すれば、ウェブページのスタイルを大きくカスタマイズすることが可能です。 この2つの言語は、セットで1つの言語として考えられることも多いのですが、どのような求人が多いのでしょうか? そして業界でどれくらいのニーズがあるのか、その真意を探ります。

ウェブページ作成の求人全般で必須言語のHTMLとCSS

HTMLとCSSは、求人でもセットで募集されていることがほとんどです。

HTMLの知識だけだと、ウェブページの見た目が貧相になってしまいますし、CSSの知識だけだと、ウェブページの根本を作成する能力に乏しくなってしまうためです。

この2つの知識をフル活用できる求人と言えば、何と言っても「ウェブデザイナー」でしょう。

その名の通り、ウェブページをデザインしていくことが主な仕事なのですが、ただ単にデザインするだけというわけではありません。

ウェブデザイナーは、サイトにおけるテーマ、目的、さらにはユーザーの目線に立った、利用しやすいウェブページを作成する能力が必要です。

クライアントとデザイナーの間には、ウェブディレクターと呼ばれる、仲介役のエンジニアがいますが、この職種とは、全く求められる能力が異なります。

ウェブデザイナーをもっと細分化していくと、現在ウェブページにおいて大きなマーケットとなっている「アフィリエイター」があります。

アフィリエイトの分野でも、HTMLとCSSは必須言語です。

アフィリエイターは、ユーザーが自作のウェブページから商品購入をすることで収入を得ているので、よりユーザーの立場に立った、精度の高いインターフェイスを作成する必要があります。

現在、HTMLとCSSが生かせる求人で1番勢いがあるのは、企業単位もフリーランスもエンジニア人工が増えている「アフィリエイター」が1番狙い目ではないでしょうか。

デザインするだけが仕事じゃないウェブページ運用の難しさ

HTMLとCSSを生かしたいエンジニアは、必然的にウェブページ作成の仕事に従事する可能性が高くなります。

ウェブデザイナーは、先ほども言ったように、デザインのスキルだけでなく、HTMLやCSSを使い、さまざまな立場を考えたコーディング能力が必要になります。

ということは、ウェブページというマーケットの流行をしっかりキャッチしておく必要があるということです。

近年、「モバイルファースト」という言葉が、ウェブページの世界では1つの大きなテーマとなっています。

「インターネット」という言葉を聞くと、媒体はパソコンというイメージが強かったのですが、近年は携帯電話、スマートフォンからページにアクセスする方が主流になっています。

スマートフォン専用のページを構えている企業も多く存在し、どの媒体でも見やすく、利用しやすいウェブページを作成する技術が求められています。

一般的に、ウェブデザイナーには、デザインそのもののスキルより、移り変わりの激しいコーディングの技術が求められることが多いです。

アフィリエイトを含めたウェブページの運用というのは、閲覧してくれるユーザーがあっての職種ですから、常に検索エンジンで上位に表示されるように、業界の先端をいく必要があります。

SEOを考えたマークアップスキルは、一朝一夕で身につく技術ではありません。

HTMLとCSSを生かして、「次世代のマーケット」へ挑戦するのもアリ

HTML、CSSが役に立つ求人、すなわちウェブページ関連の職種は、どれくらいの求人量があるのでしょうか?

先ほどのアフィリエイターの分野で言うと、ハッキリ言って、求人量はすごく把握しにくい状況にあります。

マーケットそのものの規模は大きいですが、フリーランスで活動しているエンジニアも多くいるウェブページ業界は、実際に存在するエンジニアの数と、企業が欲しているエンジニアの数が比例していないということが言えます。

それでも、企業が主な業務として行っている事業とは全く別に、社内で「アフィリエイトチーム」として活躍するウェブデザイナーは、増加してきています。

つまり、会社内で「副業」としてアフィリエイトを行い、企業の資金に充てるという作業です。

このような立ち位置のエンジニアは、年々需要が高まってきています。

会社員で働くにしろ、フリーランスで働くにしろウェブページ全般の構築において、HTMLとCSSは必須の言語です。

これまでウェブページ関連の仕事をしていたエンジニアで、この2つの言語の知識がないという方はいないでしょう。

現状では、この2つの言語で次世代のマーケットが、着々と勢力を拡大しつつあります。