ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

転職活動はスケジュール管理が肝心!

転職する際に効率のいいスケジュールを組みたい

転職する際に効率のいいスケジュールを組みたい

エンジニアが転職を考えたときに、スケジュールをしっかり組むことを第一に考えなくてはいけません。 エンジニアにとって、効率のいい転職スケジュールとは、どんなものなのでしょうか? 通常の転職と同じスケジュールを組んでいても、エンジニアの転職の場合は上手くいかないところが多いです。 具体的に、どんなところが通常の転職と違うのか、またどのような手順を踏めば理想的なスケジュールが組めるのかを、解説していきたいと思います。

通常の転職とエンジニアの転職の異なる特徴

まずエンジニアの転職スケジュールの特徴を紹介しましょう。

通常の転職は、在職中に企業情報を収集し、エントリーして面接に行き、内定をもらえれば会社に報告して退職、というのが一般的な流れです。

エンジニアの場合は、在職の「引き継ぎ」に少し時間がかかる場合があります。

会社員でもあり得ることですが、エンジニアは会社に退職の旨を報告したとしても、その後自分の思い通りの期間で、スムーズに退職できないことも考えられます。

ましてや、自分が在職中の会社で重要なポストを担っている場合は、その穴埋めを容易にはできないため、退職時期は会社の状況にも左右されます。

退職の旨を伝える時期、また転職を水面下で始めるときには、「今この会社で、自分が辞めると言ったときにスムーズに辞められるか」というのも考えなくてはいけません。

退社するというのを、会社が無理やり引き止めるような権利はありませんが、エンジニアの転職において、円満退社はとても重要な項目です。

在職中の転職活動の制限がある

そして、厄介なのが「在職中の転職活動の制限」です。

個人情報の漏洩を防ぐために、個人情報などを扱っている企業では、エンジニアの表立った転職活動を禁止しているところもあります。

これは、実際に転職活動をしているだけでも、在職の企業にバレてしまったら、信用問題に直結するエンジニアの悩みどころです。

応募や面接などの本格的な転職活動は、離職後がメインになりますので、在職中にどれだけ転職エージェントなどを駆使して、離職後のスケジュールを立てられるかが鍵になります。

何よりも効率のいいスケジュールを組む環境づくりが大事

エンジニアの転職の悩みが分かったところで、どうすれば効率の良いスケジュールが組めるかを話していきましょう。

離職後に1から転職活動をしていては、金銭的にも気持ち的にも焦りが生まれてしまいますよね。

オススメなのが、「退職したいという旨を早めに会社に伝えてしまう」ということです。

例えば、「転職したいので、退職させてください」と言ってしまうと、在職中に転職活動をするのがバレバレの状況になってしまいます。

かと言って、新しい職場も決まっていないのに、いきなり「○月いっぱいで退職します」などと伝えてしまうのは危険です。

在職中にスケジュールの有効活用をするには、「在職中の会社の仕事量を減らしてもらう」ということが大事なのです。

あなたが退職を考えているということを知れば、会社もあなたの仕事量を少しずつ減らしてくれる上に、あなたのポストに座る人材を探してくれるはずです。

決して嘘をついているわけではありませんし、早めに分かっていた方が会社も早めに対処ができ、スムーズな円満退社にも繋がりやすいです。

自分自身に余裕がなければ、効率のいいスケジュールは組めません。

退職するギリギリまで仕事に追われてしまっては、転職活動とのバランスが取れませんので、退職のことは少し早めに話しておいてもいいでしょう。

在職中にもスケジュールの効率化をする必要がある

そして、先ほども少し話に出ましたが、在職中に表立った転職活動ができないと言っても、準備できることはあります。

現在の職場での負担が減ったら、次は離職後の本格的な転職活動に備えた準備です。
まず、転職を決めた時点で、迷わず「転職エージェント」を利用しましょう。

転職エージェントは、エンジニア専用のものももちろん存在し、在職中のエンジニアに代わって転職活動を進めてくれます。

転職エージェントが、求人紹介などをしてくれている間、在職中に自身のキャリアの洗い出しをしてしまいましょう。

どんなスキルを生かしたいのか、どんな業種でどんな作業をしたいのか、徹底的に細かく設定しましょう。

自分の実績をアピールすることも大切

そして、自分の実績をしっかり数字や結果でアピールできるようにしておきましょう。
企業での実績はもちろん、興味があるスキルの勉強をして、「これぐらいの段階まで自分でやってみました」というのも、面接では大きなアピールポイントになります。

現職の負担軽減→キャリアの洗い出し→実績の確立→退社→エージェントやエンジニア専用転職サイトを利用した転職活動→転職という流れが、エンジニアにとって最も効率的なスケジュールです。

離職後の本格的な転職活動に、極力焦りが出ないように、万全の態勢で臨める準備をしておきましょう。