エンジニア専門の求人サイトはどんな特徴があるの?

エンジニア専門の求人サイトはどんな特徴があるの?

2018/8/22 更新

エンジニア専門サイトを活用しよう!

エンジニア専門の求人サイトはどんな特徴があるの?

エンジニア専門の求人サイトは、エンジニアが1度はチェックしておくべきサービスでしょう。 「エンジニア専門」というだけあって、エンジニアの立場になって行われるサービスが多く、有利に転職活動を進めていけることは間違いないでしょう。 具体的に、エンジニア専門の求人サイトの特徴を知っておけば、これから利用しようかどうか悩んでいる方の、参考にもなるのではないかと思います。

 

数多くのエンジニアの求人を確かめることができるのはやはり魅力

エンジニア専門の求人サイトは、すべての職種を網羅している求人サイトよりも、使いやすいと感じるエンジニアが多いです。

その大きな理由は、当然ですが「エンジニアの求人が多く掲載している」というところです。

大手の求人サイトは、全体の求人掲載量は圧倒的かもしれませんが、どれか1つの分野に特化しているというわけではありません。

エンジニアの求人は、線引きが難しいところもあり、一般のサイトでも比較的に多く掲載されていることは多いです。

しかし、やはり「エンジニアの求人のみ」という状況から、自分の希望に合った職種を検索する方が、確実に細かいマッチングが期待できます。

さらに、エンジニア専門の求人サイトは、「エンジニアが知りたい情報」というものをしっかり把握してくれています。

細かい職種のイメージや、具体的な事業内容、そして活用できる資格など、エンジニアは痒いところに手が届くような状態です。

たくさんの企業情報が載っている求人サイトは、どうしてもエンジニアだけに向けた状況提供に特化させることは難しいです。

エンジニアは、職種の細分化が激しいのもあって、応募して面接を受けたときに、自分が希望している職種とは異なるというケースが起こりやすくなっています。

そのようなケースが多いということも、エンジニア専門の求人サイトはもちろん考慮してくれていますので、スムーズな面接を受けやすいというのも、エンジニア専門求人サイトの特徴の1つです。

求人探しのスタートラインですでにリードすることができる

エンジニアに特化した求人サイトは、転職活動をしているエンジニアが多いという事実ももちろん把握しています。

ですので、最近では、「エンジニアの求人サイト」と言っても、さらに細かく需要を考えて、いろんなパターンに特化したサイトが増えています。

例えば、転職するエンジニアの立場もいろいろありますよね。

「初めて転職活動をするエンジニア向け」のサイトや、「未経験の職種に転職したいエンジニア向け」のサイトなど、対象となるエンジニアをさらに絞って特化させているサイトも少なくありません。

これを、通常の求人サイトで行うことを考えてみてください。

通常のサイトであれば、エンジニアの求人を見つけ出して、その中から自分の希望に近い求人を探すことしかできません。

いくらエンジニアの求人が多いと言っても、エンジニアに特化していなければ、それ以上細かい自分の立場などを考慮することは難しいでしょう。

エンジニアの求人が多いだけではなく、さらに「自分の状況」に合ったサイトと最初からアクセスできるというのは、短い時間で理想的な求人を見つけられる可能性が非常に高いということが言えます。

職務経歴書や履歴書、ポートフォリオの作成、言語の勉強など、エンジニアは転職活動中に行う項目が多く、求人探しがスムーズにできるということは、とても大きな力になります。

求人サイトの域を超えたサービスもエンジニアならでは

エンジニア専門サイトの大きな特徴としては、「転職エージェントにも劣らない転職サポート」が備わっているところが多いというところです。

こういったサイトが多いことから、求人サイトと転職エージェントの線引きが難しくなっているという状況もありますが、ここまで求人以外の転職活動にも携わってくれる業種は、エンジニア以外になかなかないのではないかと思います。

さらにサイト内において、「プロのエンジニア」によるエンジニアについての解説などが掲載されていることも多いです。

こちらも、サイト自体がエンジニアに特化しているからこそできるサービスです。

どれだけ自分で手に入れた情報よりも、実際に第一線で活躍するエンジニアの声というのは、信憑性が高いものだと言えるでしょう。

しかもこのような「求人サイト内でしか見られない情報」というのは、エンジニアが知りたくてもなかなか答えの見つからないものが多く、思わぬところで自分の不安が解消されたりするケースもあるので、ぜひチェックしてほしいポイントです。

全体を通して言える特徴は、「エンジニアの情報を得ながら求人を探すことができる」というところでしょう。

他のエンジニアが苦労しているポイントなども押さえておけば、1人だけが苦労しているわけではないと再確認することもでき、気持ちも楽になるでしょう。