エンジニア専門の求人サイトで会員登録をすればどんなメリットがあるの?

エンジニア専門の求人サイトで会員登録をすればどんなメリットがあるの?

2018/8/22 更新

これから求人サイトを利用する人へ

エンジニア専門の求人サイトで会員登録をすればどんなメリットがあるの?

エンジニア専門の求人サイトには、会員登録制のものも多く存在します。 ただ単にサイトに載っている求人を見るだけでは、求人サイトを活用しているとは言えません。 会員登録のメリットをフル活用することで、エンジニアの転職では一歩リードできることが期待できます。 具体的に、前もってメリットを把握してから、会員登録することをオススメします。 今回解説する「エンジニア専門の求人サイト」とは、転職エージェントではなく、「検索型の転職・求人サイト」についてです。

 

エンジニアの転職活動は、何と言っても「数」で勝負!

まず、会員登録をしなくても誰でも検索できる求人サイトと、登録して利用する求人サイトでは、圧倒的に「求人の数」が違います。

さらに、エンジニア専門の求人サイトは、誰でも検索できるようなものはほとんどありません。

登録せずに検索できる求人サイトは、ほとんどが「オールジャンル」の求人サイトであり、エンジニアというジャンルに絞りづらいものになっています。

エンジニアというジャンルの中から、さらに細かく検索するには、どうしてもオールジャンルの求人サイトでは数が足りません。

エンジニア専用の求人サイトに登録すると、ハローワークや求人広告には掲載されていないような求人も多数掲載されていて、より自分の条件に合った求人をそこから選択することができます

特にエンジニアという職業は、転職活動中に「どれだけ多くの求人に巡り合えるか」というのが、大きな転職成功のポイントになってきます。

また登録制の求人サイトを利用することによって、世間にどれくらいのエンジニアの求人が出回っているのかということが把握できます。

どうしても、オールジャンルの求人サイトを利用すると、「世の中にはエンジニアの求人が少ない」という印象を持ってしまいがちになります。

さらにその限られた求人から転職先を選ぶとなると、ある程度妥協しなくてはいけない場面も出てくるでしょう。

そんなことになったら、何のために転職活動をしているのか、分からなくなりますよね。

自分のペースを大事にしたい人はエージェントよりも求人サイト

もう1つのメリットは、「自分のペースを守ることができる」というところです。

確かに、登録制の求人サイトと言っても、検索をして、応募をするのはすべて自分です。

転職エージェントと比べると、少し自分の負担になってしまうかもしれませんが、それはすべて自分のペース次第です。

転職エージェントに登録すると、求人の情報や、面談、面接の推薦など、基本的にエージェントのペースでこちらに連絡が来ます。

エンジニアは、在職中の転職に負担がかかりすぎると、転職活動のスケジュールが大きく崩れてしまう恐れがあります。

それをサポートしてもらうために、転職エージェントを活用する人が多いのですが、その転職エージェントが負担になってしまったら、本末転倒ですよね。

転職エージェントに対して、「転職活動を休憩したい」とは少し言いづらいですよね。

そんな心配も、登録制の求人サイトにはありません

しかもエンジニア専用の登録制求人サイトには、応募書類などを含む「自己分析ツール」が用意されているところも多いです。

エージェントと応募書類を作成していくのも悪いことではありませんが、この自己分析ツールでは、自分1人で応募書類に対するアドバイスなどを、基本的に無料で受けることができます

エンジニアとしてのアピールが無駄にならない求人サイトの活用法

最後は、エンジニア専門求人サイトの最高の強みです。

例えば、転職エージェントから紹介されてきた他のエンジニアがいるとします。

同じ企業に、求人サイトから応募したあなたが面接を受けに行くとします。

この2人のエンジニアとしてのスキルが同等と判断されると、求人サイトを利用して応募したあなたが圧倒的に有利になります。

企業は、転職エージェントからの求人を採用する場合、エージェントに対して、紹介料として報酬を支払わなくてはいけません。

求人サイトから募集した求人と同じスキルのエンジニアであれば、そちらに報酬を支払う必要はないので、こちらの方が有利になるというわけです。

エンジニア業界では、常に即戦力が求められています。

経験や資格が豊富なエンジニアは、自分が即戦力だというアピールを上手くしていかなくては、すぐに転職の適齢期を逃してしまいます。

そのアピールが上手くいったにも関わらず、「エージェント」か「求人サイト」かの違いで面接に不利になってしまったら、モチベーションを保つのが非常に難しいですよね。

もちろん、まったく同等のエンジニアが面接に来るというのは、そうそうあることではありませんが、エンジニア専門の求人サイトにはこのようなメリットもあるということを、覚えておきましょう。

自分の努力でどうしようもない部分は、なるべく「確率の高い方」に自分で合わせていくのが、エンジニアの転職には必要な勇気です。