ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

フリーランスでも転職できる!

フリーランスのエンジニアが転職の際にするべきことは?

フリーランスのエンジニアが転職の際にするべきことは?

フリーランスのエンジニアは、会社員のエンジニアと比べると、メリット・デメリットがハッキリしていると思います。 今回は、フリーランスのエンジニアが、会社員のエンジニアに転職するときに、準備しておくべきこと、考えておくべきことを紹介します。 会社員からフリーランスのエンジニアに転職しようと考える方は多いですが、フリーランスから会社員になろうとするエンジニアは、情報が少なく、何から始めたらいいのか分からないという場合が多いです。

フリーランスの転職は、自分の経験の整理により時間をかける

フリーランスのエンジニアがまず行うことは、「自分の経験を整理する」ということです。

フリーランスの前に会社員でエンジニアの経験がある場合は、そこの会社でどのような業務を行っていたか、どのような言語を生かしていたのか、そしてどのような役職・立ち位置だったのかというのを、まず整理しましょう。

フリーランスは非常に評価が難しいです。
契約や事業内容、収入面をすべて自分が決めて、自分で遂行するため、実績を積み重ねる
のが難しいです。

その反面、会社員からフリーランスに転身するということは、会社員の時点である程度の経験を積み、「フリーランスでやっていけそう」という自身もあったということが分かります。

フリーランスの経験があるというだけで、企業にとってはかなり好印象を与えることになると思いますが、エンジニアとして会社員で働いていた経験があるのなら、その時の経験もしっかりまとめておくことが大事です。

そしてもちろんですが、フリーランスの経験もしっかり自分で言葉に出来るようにしておきましょう。
自分が得意なスキルを生かして転職をするのなら、なおさらその作業は大事です。

フリーランスの転職のメリットを考えて行動しよう

フリーランスの転職のメリットは、「時間の自由が効く」ということですね。

会社員のエンジニアは、出勤時間・退勤時間があって、平日にガッツリ活動するのは難しいです。

フリーランスの転職は、そのエンジニアにどれぐらいの仕事量があるのかにもよりますが、転職活動で動くタイミング、仕事に集中するタイミングを自分で決めることができるので、スケジュール通りに進まないということはあまりありません。

常駐型のフリーランスの案件に関しては、契約している企業先の制約もあるので、自分がすべて作業時間を決めるというのは難しいですが、それも自分が管理する問題なので、会社員のように急な出勤になったり、残業を急に命じられたりということはありません。

転職するタイミング、この時期までに転職先を決めるという時期を細かく設定して、さらに会社員の場合よりもそれを正確に遂行していかなくてはいけません。

会社員よりも、転職に時間を割けるという分、転職活動にかける時間は、短くないといけないということを自覚しましょう。

フリーランスは転職に踏み切る覚悟と判断する時期が大事

フリーランスの転職で難しいところは、会社員なら会社に任せられることも、すべて自分で行いながら、並行して転職活動をしないといけないということです。

例えば、会社員のエンジニアの場合、転職活動をして、転職先の情報を集めたり、自分の情報を整理する必要はありますが、在職中の仕事に関しては、全て自分で管理する必要はありません。

その会社でどれくらいの立場なのかにもよりますが、仕事を取ってくる作業からその作業を終わらせるまで、すべてに関わるということは基本的にありません。

フリーランスの場合、自分で好きな選択が出来る分、責任も全て自分に被ってきます。
転職と並行しながら、自分の抱えている仕事で何かトラブルが起きた場合も、すべて自分で対処しなくてはいけません。

フリーランスから会社員のエンジニアに転職する方が少ないのは、「転職と仕事の両立が難しい」という点もあります。

一概にどちらの方が楽とは言えませんが、フリーランスのエンジニアが大事にしたいのは、「転職に踏み切るタイミング」でしょう。

自分で管理していることがほとんどなので、今転職に踏み切れば、自分にどれくらいの負担が来るのか?というのは、ある程度予想できます。

転職のスケジュールを考えるというよりは、「転職をすることが、今の自分に本当に適しているのか?」ということを、じっくり時間を使って考える必要は、会社員より多いにあると言えるでしょう。

転職エージェントを利用できる

もちろん、フリーランスのエンジニアでも、転職のサポートをしてくれる転職エージェントを活用できます。

自分に合ったエージェントを見つけて、しっかり転職活動を並行できるように、駆使していきましょう。

フリーランスのエンジニアを求めている求人というのは、まだまだたくさんあるのが現状です。

会社員よりもより多くの経験があると判断されることが多いフリーランスは、アプローチの仕方を間違えなければ、とても必要とされている人材だということを、忘れないようにしましょう。